BCONCEPT

COLUMNコラム

ジムについて 2020.08.14

忙しい人こそおすすめ!実はコスパ抜群のマンツーマンのジム

トレーニング中の女性

パーソナルトレーニングやプライベートジムはコストがかかります。

コースだと10万円以上もすることもあり、「ジムにそんなにお金をかけられない!」という人は少なくありません。

そんな人が選ぶのが、予約時間や仕事帰りに気軽に行けるフィットネスジムです。

日中は忙しいから深夜もやっているジムが良いと考え、フィットネスジムに入会する人もいます。

ですがフィットネスジムよりも、結果としてマンツーマンのパーソナルトレーニングやプライベートジムの方がコスパは良いと言えるのです。

今回は忙しい人ほどマンツーマンのジムに通った方が良い理由について言及していきます。

マンツーマンのジムとは

昨今、プライベートジムやパーソナルトレーニングなどのワードが注目されています。

それらが指しているのが、トレーナーとマンツーマンでトレーニングを行えるジムです。

大衆的なフィットネスジムとは異なり、常にトレーナーが付き添い、正しいトレーニング方法や正しい体のポジションなどを教えてくれることから、効率的にトレーニングに励めます。

また、サービスやサポート面でも充実しており、食事管理や栄養指導などを取り入れているマンツーマンのジムも多く見受けられます。

多くのサポートやサービスがある上、トレーナーはトレーニング中、自分一人に付きっきりです。

そのため、フィットネスジムに比べて1ヶ月あたりの料金はかなり違います。

一般的なフィットネスジムであれば1ヶ月約1万円で通えるところ、マンツーマンのジムとなるとその10倍近くかかってしまいます。

これらの点から敬遠する人もいますし、高額なため躊躇ってしまう人も少なくないでしょう。

また、マンツーマンのジムは一対一のマンツーマンレッスンなので、トレーニング時間を事前に予約する必要があります。

フィットネスジムであれば、閉店時間前であればいつでも自由に出入りできます。

そのため気軽に行けるという点であればフィットネスジムに軍配が上がるでしょう。

仕事もプライベートも多忙な人にとってはフィットネスジムのように気軽に行けるジムの方が良いと考える人が大半だと思います。

ですが比較すると、マンツーマンのジムの方が優れている点は多くあると言えるのです。

 

フィットネスジムとマンツーマンのジムの違い

一部上述と重複する点もあるかもしれませんが、フィットネスジムとマンツーマンのジムの違いについてまとめてみました。

 

価格の違い

たくさんの人が出入りし、器具が多くありトレーナーは数名というフィットネスジムの月額は、5,000〜15,000円ほどです。

料金に幅があるのは、ジムの設備や立地、ジムを利用する回数によって異なるからです。

それでも20,000円もかからないジムがほとんどと言えます。

初月に発生する入会金も、キャンペーンで無料になっているケースも多く、かかったとしても3,000円程度と考えて良さそうです。

一方プライベートジムやパーソナルトレーニングと呼ばれる、トレーナーとマンツーマンでレッスンを行うジムは、コース制になっている場合がほとんどです。

そんなマンツーマンのジムは月額100,000円程度の料金が平均と言えます。

さらに入会金に50,000円ほどかかるジムが多いためフィットネスジムに比べると高額になります。

 

環境の違い

フィットネスジムでは、たくさんの人が出入りします。

同時に同じトレーニングルームを利用するわけですから、他の利用者の目が気になったり、話し声や雑音が聞こえたりもします。

また、シャワールームや浴場も共用です。

自分が利用したいトレーニングマシンが埋まっている場合、他のマシンを使って時間を潰すか、休憩時間にするなどの工夫が必要になってきます。

トレーナーも常に近くにいるわけではありません。

他の誰かが質問をしていたらそれが終わるまで待たなければなりませんし、初心者を指導している場合はなかなか話しかけられないことも多いでしょう。

それなりにトレーニングに関する知識があれば、トレーナーに質問しなくても良いかもしれませんが、初心者であれば、わからない箇所は多くなります。

適切なトレーニング方法でなければケガをしてしまう可能性があるので、その場合は無理にトレーニングを行わないでトレーナーを待った方が賢明です。

マンツーマンのジムは、フィットネスジムと違い、常にトレーナーと二人でトレーニングに励みます。

どの部位に効くトレーニングなのか、体はどう動かすのが正しいのかなど、細やかな点まで丁寧に教えてくれます。

もちろん、個室を利用できるので、マシンを使用するのを待つ必要もありません。

さらにトレーニングメニューも毎回自分専用のメニューになります。

フィットネスジムであれば自分でどの器具を利用してトレーニングしようか考えなければいけません。

ですが、マンツーマンのジムであれば最適なオリジナルプログラムを組んでくれるので、それにしたがってトレーニングをこなしていけば良いのです。

シャワールームやロッカーなども一人で利用できことがほとんどです。

時間を決められているので、利用者とエンカウントするケースも稀と言えます。

他の人に体を見られたくない場合はフィットネスジムよりもマンツーマンのジムの方が良いと言えるでしょう。

 

サポート内容の違い

フィットネスジムのサポートはそれほど多くはありません。

シャワールームの使用や浴場の利用は自由となっているところが多いですが、それ以外のサポートで特記できる内容は少ないです。

初回は簡単なカウンセリングを行い、体重や体脂肪率をはかり、その上でどの部位に有効なトレーニング方法やマシンの利用方法を教授してくれますが、2回目以降は自分からトレーナーに話しかけないとトレーナーから指導を受ける機会は少ないと言えます。

その点、マンツーマンのジムのサポート内容はとても充実しています。

ウェアやシューズがレンタル無料だったり、預けたウェアやシューズのクリーニングを行ってくれたりもします。

そのようなサービスを提供しているジムであれば手ぶらで通うことも可能です。

他にも、飲み物の種類が豊富なジムも存在します。豊富と言ってもお茶やジュースではなく、トレーニング向きの飲み物です。

水はもちろんのこと、水素水やプロテインがサービスされていることもあります。

どちらもトレーニングと併用すれば良いと言われている飲み物なので、それがサービスで飲めるのであれば活用した方が良いでしょう。

栄養指導や食事管理を積極的に取り入れているマンツーマンのジムもあります。

効果的にダイエットを行うのであればトレーニング以外の面からもアプローチした方が良いという観点から、食に関するプロフェッショナルを常駐させているケースも少なくありません。

このようなサービスを提供しているジムであれば、コース終了後も何ヶ月かという期限付きではあるものの、サポートしてくれるところも存在します。

 

営業時間の違い

フィットネスジムであれば24時間営業を行っているところも多々見受けられますが、マンツーマンのジムだとそうは行きません。

開いている時間が限られており、トレーナーがマンツーマンで付くため、トレーニングできる時間も決まっています。

そのため、忙しい人はフィットネスジムを選んでしまいがちです。

マンツーマンジムはコスパが良い?

フィットネスジムとマンツーマンのジムの違いを比較してみましたが、コスパの面からすると、「フィットネスジムの方が良い」と感じる人も多いでしょう。

確かに、月額利用料だけを見るとその通りです。

ですが、他の点から比べてみるとマンツーマンのジムの方が良いと言えるところが多くあります。

 

コスパが良いと言える理由1:時間が決められている

予約を取って決められた時間にジムへ行かなくてはならないのは、忙しい人にとって大変なことかもしれません。

ですが、時間を決められないと先延ばしにしてしまう可能性が高くなります。

「今日は忙しいから明日にしよう」という気持ちを一度でも持ってしまうと、そのままだらだらとジムに行かない日が続いてしまうのです。

それよりも、「何月何日の何時から何時まではプライベートジム!」と決めて、予定に組み込んでしまった方が良いと言えます。

時間を約束したのであれば行かないといけないので、なんとなく先延ばしにすることはなくなります。

もちろんやむを得ない理由であればキャンセルもできるので、その場合は事前にジムへ連絡すれば問題ありません。

また、フィットネスジムと異なり、終了時間も決まっています。

多くのマンツーマンのジムでは1時間前後のトレーニングを行います。

準備を含めても2時間はかからないと見込めるので、その後の予定を作りやすいです。

フィットネスジムでは時間が決まっていないため、ゆっくりと休み休みトレーニングしてしまうこともありえます。

短時間で集中して効果的にトレーニングするのであれば、時間が決まっていた方が頑張れるはずです。

 

コスパが良いと言える理由2:専門の知識を持った人が常に付いていてくれる

マンツーマンだから当たり前なのですが、専門知識を保持する人が常に見てくれているのは頼もしいですし、安心します。

仮に自分で知識を増やそうと思って情報収集をしようとすれば、膨大な時間が必要になります。

フィットネスジムに通い、利用料を抑えることができたとしても、知識は勝手に増えません。

毎回トレーナーの手が空いているとも限らないので、場合によっては自分で調べる必要があります。

調べるのに割かれる時間を考えると、マンツーマンのジムで付きっきりのトレーナーにすべて教えてもらった方がパフォーマンスは良いと言えるのではないでしょうか。

 

コスパが良いと言える理由3:短期間で効率的に痩せられる

一番の理由はこれと言えます。

パーソナルトレーニングでは、目標となる体型や数値が明確にされた上で、本人に見合ったプログラムをオリジナルで作成してくれます。

そのプログラムに沿ってトレーニングを行うのですが、多くのジムでは2ヶ月という期間を設定しています。

この期間で健康的に痩せられるようにジムは配慮しトレーナーも留意してトレーニングや生活習慣の指導を行います。

フィットネスジムであれば、自分で目標を掲げたとしても個人の努力や忍耐がものを言います。

トレーナーが常に付いていてサポートしてくれるマンツーマンのジムとは違い、トレーニング内容も自分で決めなくてはなりません。

そのため、同じ期間で成果が出るとは限らないのです。

もし、同じ成果を出したいのであれば、小まめにジムに通うかマンツーマンのジムにいるトレーナーに匹敵するほどの知識を自分で得なくてはなりません。

フィットネスジムは安価かもしれませんし、24時間営業しているところもあるので気軽に行けるから多忙な人にとっては行きやすい環境と言えるでしょう。

ですが、忙しいのであれば、好きな時に行けるよりも短期間で効果を出せる方を選択した方が賢明と言えそうです。

 

多忙な人ほどマンツーマンのジムが向いている

コスパが良い理由で述べた通り、忙しい身であるなら時間を気にせず通えるフィットネスジムよりも、短期間で効率的に痩せられるマンツーマンのジムの方が良いと言えます。

日時を決める必要がありますが、忙しい人であれば予定が決まっている方が都合をつけやすいはずです。

また、予約しているとそれまでにタスクを完了させなくてはならないと思い、行動に移せるので今まで以上に充実した日々を送ることができるでしょう。

1ヶ月単位で見てみるとマンツーマンのジムは割高な印象を持ってしまいますが、フィットネスジムに入会したものの、一度も行かない月が出た場合、無駄になるのは後者のジムです。

いつでも行ける気軽さがあるからこそ、「今度でいいや」という気持ちも出てきやすくなっています。

その結果、一度も行かない月が発生し、無駄に利用料を払ってしまうということになってしまいかねません。

これらの点を加味した上で考えると、予約を取って毎回トレーニングを行い様々なサポートをしてもらい無駄にならないマンツーマンのジムの方がコスパは良く、忙しい人にもおすすめと言えるのです。

ビーコンセプトならコスパ最高のトレーニングが可能!

トレーニング中の女性

値段だけで見ると、フィットネスジムは安く、マンツーマンのジムは高いと感じるかもしれません。

ですがパフォーマンスを考えると、マンツーマンのジムもそれほど高額ではないと言えます。

トレーナーが手厚くサポートをしてくれることや、知識が得られること、2ヶ月程度と最短で目標を目指せることなど、コストに対するパフォーマンスは高いためです。

そしてより高いコストパフォーマンスを求めるなら、マンツーマンのジムの中でもビーコンセプトがおすすめです。

多くのジムで50,000円ほどかかる入会金が、体験レッスンや無料カウンセリング当日に入会することで、無料~20,000円になるキャンペーンを実施しています。

そのためコースにもよりますが、「脚痩せ特化プログラム」なら195,200円(税別)「スタイル保証付 ボディメイクプログラム」なら221,600円(税別)でレッスンが受けられるのです。

さらに他社からの乗り換えで各コース料金が10%割引になるキャンペーンがあるので、利用すればよりお得になります。

無料の6ヶ月アフターフォローキャンペーンも展開していますので、コストの面ではかなり優れていると言えるでしょう。

さらに、最新のトレーニング機器を導入し、ベストボディジャパン優勝者考案のプログラムを採用しており、効果の高いトレーニングが可能になっています。

パフォーマンスとしても優れていると言えるのです。

コストは多くの人が気にし、ジムに通う前に計算しています。

ですが本当に大事なのは、コストに見合うパフォーマンスがあるかどうかです。

ビーコンセプトはコスト以上のパフォーマンスを提供します。

興味がある方は、ぜひ最寄りのビーコンセプトの体験レッスンや無料カウンセリングにお申し込みください。

一般のお客様・会員様のお問い合わせ

ビジネスサポートに関するお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ

ビジネスサポートのお問い合わせ

トレーニングコースをお申込みのお客様・会員様のお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ
PAGE TOP