BCONCEPT

COLUMNコラム

ジムについて 2020.06.11

土日だけでも効果あり!忙しい人のためのジムの通い方

腹筋をする女性

「ジムに通ってボディメイキングしたいけど、土日だけ通っても効果ある?」
「がんばってたくさん通わないと意味ないの?」

ということはよく聞かれます。

結論からいうと、土日だけでもジムに通う意味はありますし、もちろん効果もあります

まずは、ご自分が1週間のうちどのくらいジムに時間を確保できそうか確認してみましょう。

忙しい人におすすめの頻度

仕事や家事育児で忙しい社会人は、まとまった時間を確保するのが難しいですよね。

そんな忙しい人たちにおすすめのジム通い頻度は、週2~3回程度です。

トレーニング時間は、1回につき1~2時間程度がよいでしょう。

ちなみに、ジムへ通う頻度に明確な決まりは存在しません。

ですが、通える頻度や時間に合わせてトレーニング内容を変える必要はあります。

ダイエット目的でジムへ通う場合には、まず筋トレで基礎代謝を高めてから次のメニューへ進んだ方がいいです。

モニター付きのランニングマシンがたくさん並んでいるジムへ行くと、テレビを観ながら、もしくは音楽を聴きながら「とりあえず」体を動かしておこうと思いませんか?

ウォーキング(ランニング)をして、ある程度疲れたら器具を使って筋トレをするという流れでトレーニングをしている人もいると思います。

たくさん脂肪を燃焼させたいと考えるのであれば、筋トレをしてからウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動を行ってください。

ダイエットでの運動の比重は筋トレ:有酸素運動=2:1程度がちょうどよいとされています。

これとは別に、トレーニングの前後にはウォーミングアップとクールダウンのためのストレッチタイムも確保しておきましょう。

男性と女性では通うべき頻度が違う?

「女性は筋肉量が少ない分、たくさん通わないと効果がないって本当?」

と気にする人もいますが、ジムへ通う頻度は同じで大丈夫です。

とはいえ、女性の場合は周期的にホルモンバランスが変わります。

生理前の女性の体は、脂肪や水分を蓄えやすくなるので、体重を落とすのが難しくなります。

人によっては、生理前になると、普段と変わらない生活をしていても1~2キロ増えてしまうこともあります。

そして、生理が始まると体が元の状態に戻ろうとするのでスッキリしていき、体重も元通りになるのです。

このように、女性はホルモンバランスが大きく影響してくることから、ダイエットを開始するなら生理が終わってからの方が効果的といわれています。

とはいえ、効果が出にくい時期だからと何もしないのはもったいないです。

たしかに体重は落ちにくいですが、この時期に頑張った成果は生理が終わった後にちゃんと現れてきます。

また、体を動かすことでストレス発散にもなるので、ストレスによる暴飲暴食の抑制にもなりますよ。

女性の場合は同じトレーニング内容でも、ホルモン周期によって効果が出にくい時期と、出やすい時期があると認識しておくとよいでしょう。

そもそも、ジムに通っても効果が出ない人がいるのはなぜ?

「週末はジムに通って歩くようにしていたけど、ほとんど変化なかったから行くのやめちゃった」

なんて話を聞いてしまったら、「お金出して通ってもその程度なら、近所をウォーキングした方がまだマシなのかも」と思いませんか?

でも、ちょっと待ってください。

土日に通うだけでも、成果を出している人はたくさんいるんです。

それならば、トレーニングで効果を出せる人と出せない人の差はどこにあるのでしょうか。

 

✔効果が出ないという人の特徴

・トレーナーの指導を受けず、正しいトレーニングができていない
・週に1回も通えないときがある
・筋トレを一切行っていない
・空腹の状態で毎回トレーニングを行っている
・「ジムに通っているから大丈夫」の安心感でカロリーを摂りすぎている
・目標設定が高すぎて達成できる自信がない

とりあえずジムへ行き、とりあえず使えそうなマシンを使ってみる・・・というように、「なんとなく」の感覚でトレーニングをしていると、効果は現れにくいです。

体を動かして運動不足を解消するのが目的であれば、それでも問題ありません。

しかし、「ダイエットしたい」「気になる部分を引き締めたい」など、ピンポイントな目的があるのであれば、目的に合ったトレーニングを行うべきです。

そうしないと、思うように効果が現れず、モチベーションを維持するのが難しくなってしまいます。

また、ひたすら回数をこなすだけの筋トレよりも、正しい鍛え方の知識や方法を身につけた方が、短期間での成果につながります。

 

✔「ジム入会」で安心してしまうケースも・・・

ジムに入会する前は、どのジムへ通うか考え、料金や設備、立地などを比較したり、ネットで体験者の口コミを調べたり、体験レッスンに行って様子を見たり、やる気に満ち溢れていると思います。

もちろん、入会直後もモチベーションが高く、通い放題プランに申し込んだ場合は毎日のように通うかもしれません。

このモチベーションを維持できればいいのですが、なかなか難しいのが現実です。

わりと短期間で効果が出てきて「自分は本気出せばいつでも痩せられるんだ」と油断してしまう人もいることでしょう。

また、タオル、トレーニングウェア、シューズ、ドリンク、女性であればスキンケアアイテムやメイク道具など、ジムへ行く前の準備が面倒になって、通わなくなってしまうこともあるようです。

ずっと同じモチベーションで続けることは難しいと思うので、とりあえず最低でも週2回はジムへ通うことを心がけてください。

「ジムで何時間も運動しないといけないって考えたら行く気なくすんだよなー」という場合は、30分でもかまいません。

トレーニングはとにかく続けることに意味があるのです。

 

✔「ジムに通う=すぐに効果が出る」と思っている

大前提として、「ジムに通えばすぐ効果が出る」と期待するのは危険です。

マンツーマンの指導があって、食事管理もしてくれるパーソナルトレーニングジムであれば短期間での効果に期待できます。

または、自己流でも過度な食事制限やトレーニングを行えば、短期間で結果を得られる可能性はあります。

しかし、ムリはやめればすぐ元に戻りますし、健康を損ねてしまうのでやめましょう。

先にも述べていますが、トレーニングは続けることが重要です。

週に2,3回であっても、とにかく続けることです。

個人的にジムへ通ってトレーニングを行う場合は、無理をせず、長期間通うことを視野に入れておきましょう。

土日だけのジム通いでも成果を出す方法

 

✔【自分の体を知る】

体脂肪率や筋肉量、消費カロリーなど、自分の現在の状態を知ることが第一です。

そこから、筋肉量を増やして基礎代謝の向上を目指した方がいいのか、体脂肪率を減らすために有酸素運動を多めに行った方がいいのか。

また、1日の消費カロリーに対して自分の日々の摂取カロリーはオーバーしていないかなど、自分に合ったトレーニングメニューを考えていくことになります。

 

✔【積極的にトレーナーの指導を受ける】

「二の腕を引き締めたい」
「下半身痩せするにはどんなマシンを使ってトレーニングすればいいの?」

マンツーマン指導のジムではなくても、近くにいるトレーナーに質問してどんどん指導を受けましょう。

「このトレーニングマシンを使うときは、ここの筋肉を意識して動かすようにするといいですよ」「ウエストラインを出したいなら、こんなトレーニング法もおすすめですよ」など、知識のあるトレーナーであれば的確な指導をしてくれます。

体の動かし方を少し変えてみる、鍛えたい部分に意識を集中しながら動かしてみる、などのちょっとした変化でも、効果はかなり違ってきます。

 

✔【食事内容にも気をつける】

ジムに通い始めると、運動しているから大丈夫だと過信して好きなものを好きなだけ食べ始めてしまう方がいます。

この行動はもちろんNGです。

【1日の基礎代謝量>1日の摂取カロリー】

ダイエットやボディメイクがしたいのであれば、上記を意識した食事が重要なポイントになってきます。

また、トレーニング前は糖質やアミノ酸を摂った方がいい、トレーニング後はタンパク質やミネラルを摂った方がいいなど、栄養面を意識することでトレーニング効率のアップを目指すこともできます。

ちなみにプロテイン入り栄養補助食品やおにぎり、豆乳など、コンビニで手軽に買えるような食品にも、トレーニングの効率を上げる栄養が含まれています。

しっかりと食事内容を見直せば相乗効果を得られるので、自分に合った食事内容を知りたい場合は、アドバイザーのいるジムを選ぶか、一人一人に合わせた食事制限のメニューを考えてサポートしてくれるパーソナルジムを選ぶのがおすすめです。

とはいえ、我慢しすぎはストレスになりますし、長続きしない原因になってしまいます。

ご自分でカロリー管理する場合は、くれぐれもムリのない範囲で行うようにしましょう。

土日のジム通いで取り入れたい運動の種類

 

✔【筋力トレーニング(無酸素運動)】

引き締めたい体の部位や、筋肉をつけたい部位によって、具体的な筋トレ法は異なります。

ダンベルやバランスボール、ウエイトを変えられるマシンなどを使い、鍛えたい(引き締めたい)部分を中心的にトレーニングしていきましょう。

筋トレ中は「呼吸」を意識してください。

重いものを持つときのように、力を入れる際にはつい息を止めてしまいがちですが、しっかり呼吸をすることで、より筋肉に刺激を与えることができますよ。

 

✔【ウォーキングや軽いランニング(有酸素運動)】

ジムにはウォーキングといった有酸素運動をするため、ランニングマシンやエアロバイクなどが用意されています。

有酸素運動は脂肪燃焼するために効果的な運動法です。

脂肪がエネルギーに変換されて燃焼されていくのは、有酸素運動の開始から20分経過してからです。

20分続けて運動することが難しいようであれば、合間に休憩をはさみながら行ってください。

ちなみに、ホットコーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼を促進する作用があるので、少しでも効果を高めたい方は、トレーニング前に飲んでおくとよいでしょう。

 

✔【水泳による全身運動】

プールが併設されているジムであれば、水中ウォーキングや軽く泳ぐなどの運動もおすすめです。

水泳は短時間で脂肪燃焼効果に期待できる全身運動なので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

✔【スタジオトレーニング】

ヨガやピラティスなど、複数人で行うスタジオトレーニングです。

専門のスタジオもたくさんありますが、スポーツジムによってはスタジオプログラムが用意されている場合もあるので、色々なプログラムを体験して、自分に合ったものを探してみるのもよいでしょう。

このようなプログラムでは同じ目的で通っている方たちが集まってくるため、周囲の頑張りに刺激を受けて「自分も頑張ろう」とモチベーションの維持にもつながりますよ。

土日に通うからこそ気をつけたいジム選び

「家から遠くて普段利用しない場所にあるけど、休日だから通えないわけじゃないし」と、多少不便さを感じても、とにかく安さ重視でジムを決めてしまう方がいます。

このようなケースの場合、モチベーションが下がってくると「今週は天気が悪いから出かける気分じゃないな~」なんてことになりやすいです。

また、職場に近いジムを選ぶと、仕事帰りに寄り道感覚でジムに行けるので平日は便利ですが、休日は逆に通うのが難しくなります。

土日に通うことも考えるなら、ジムへ行くついでにショッピングができる、スーパーに寄って買い物ができるなど、ジムへ行くことだけではなく、他にも目的になるものがあった方が続けやすいのではないでしょうか。

あるいは、自宅から近いジムを見つけることができれば、お散歩感覚で通えるのでおすすめです。

家から近ければ、天気が悪い日でも通いやすいですよね。

忙しいからこそビーコンセプトで効率的なトレーニングを!

 

ダンベルを持ち上げる女性

慌ただしい現代社会ですから、忙しくて平日はジムに通えないという人は多くいます。

「土日に通った程度では効果が出ないかも」と不安に思うかもしれません。

ですが週に2~3回や土日だけでも、正しいトレーニング方法を継続すれば、結果が必ず付いてきます。

そして、忙しくても結果を出したい人には、ビーコンセプトのプログラムがおすすめです。

ビーコンセプトはパーソナルトレーニングジムなので、トレーナーが付きっきりで正しいトレーニング方法を完全指導しています。適当なトレーニングにならないため、確実な結果を求めている人には最適です。

また、ご用意している2種類のプログラム、『脚痩せ特化プログラム』と『スタイル保証付 ボディメイクプログラム』は、どちらも1回のトレーニング時間は45~75分間と短めです。通う頻度も週に2回(合計16回、2ヶ月)に設定されているので、忙しい人にもぴったりです。

いずれのプログラムもダイエットをしたい女性に向けたもので、美脚や美尻、くびれなどを作りたい人におすすめです。

また、脚痩せ特化プログラムの『ダイエットコース』と『ダイエットモニターコース』には栄養指導、スタイル保証付 ボディメイクプログラムの『モニタープラン』には食事指導が付きます。

そのため、食事でもダイエットの効率化を図りたいという人にも向いています。

「忙しくてもどうにか結果を出したい」そう思ったなら、まずはビーコンセプトの体験レッスンや無料カウンセリングへお申し込み下さい

一般のお客様・会員様のお問い合わせ

ビジネスサポートに関するお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ

ビジネスサポートのお問い合わせ

トレーニングコースをお申込みのお客様・会員様のお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ
PAGE TOP