BCONCEPT

COLUMNコラム

ジムについて 2020.10.16

安いジムでも効果が出る?安いジムに通うメリット・デメリット

ダンベルやハンドグリップなど

「健康のために体型を維持したい」「痩せて綺麗になりたい」と考えている人の中には、食事制限や運動を検討している人もいるのではないでしょうか?

食事制限だけではなかなか痩せませんし、リバウンドの可能性もあるので、健康的に痩せるためにも体を動かした方が良いです。

それを知っている人であれば、ウォーキングやランニングも視野に入れているかもしれません。

しかし、今までそれほど運動をしてこなかった人が急に運動を始めると、負傷してしまう場合もあります。

その点を考慮すれば、トレーナーがいるジムに通うのがおすすめです。

今回は、安いジムでも効果が出るのかどうか、安いジムのメリットやデメリットなどについて紐解いていきます。

安いジムのメリット

「ダイエット!」「体型維持!」「健康促進!」と考えているものの、どのジムに通えば良いかわからないという人は多くいます。

そこで、近場にいくつかあるジムの中から、一番安価なところで済ませたいと思う人も少なくありません。

実際に、安くてもたくさんの器具があったり、大人数がいて楽しく踊ったりすることができるジムはあり、月額5,000円程度から通うことが可能です。

 

安いジムのメリット1:月額が数千円から始められる

上述の通り、安ければ5,000円程度から始められるプランもあります。

週に何回、月に何回などといった制限がありますが、安く済ませたいのであれば、これくらいの金額のプランで十分でしょう。

ただし、月に数回程度であれば、体重を落としたい、痩せたいという希望はなかなか叶わない可能性があります。

健康維持のため週に一度しっかりと体を動かしたいと考えている程度であれば良いかもしれません。

目的に応じてさえいれば、手頃の価格で利用できる安いジムは、便利と言えます。

また、安いジムでもシャワーやお風呂に入ることもできるので、汗をすぐに流したい場合は助かります。

 

安いジムのメリット2:大人数で楽しく運動できる

ジムによってはダンスを大人数で行っているところも存在します。

時間帯によっては数人で行うケースもありますが、人数が多くわいわい体を動かすことも可能です。

特に一人で黙々と運動するだけじゃつまらない、飽きてくるというタイプの人には、時間毎に変わるメニューで楽しく運動するのが良いでしょう。

曜日や時間によってトレーニング内容は異なるので、自分がやってみたいトレーニングがある日を狙ってジムに通うのも楽しみ方の一つと言えそうです。

また、新たな交友関係を築くこともできるので、誰かと一緒に目標を定めてトレーニングするのも安いジムのメリットと言えそうです。

気の合う友達数人と一緒に運動したい場合もフィットネスクラブのような安いジムで体を動かすのも良さそうです。

 

安いジムのメリット3:比較的遅い時間まで開いている

ジムによって開店時間や閉店時間はまちまちですが、中には夜中まで、あるいは24時間開いているジムも存在します。

シフト制の仕事をしている方や、夜遅い時間じゃないと都合がつかない場合は、夜間でも開いているジムでないとなかなか行く機会ができません。

また、夜間であれば日中に比べて利用者が少ない可能性も出てくるので、のんびり運動したいという人にとってはメリットと言えます。

24時間開いていれば時間帯を他の利用者とずらしたいといった希望を叶えやすいので、人が多いと煩わしいと感じる人に向いています。

 

安いジムのメリット4:その日の気分に応じてトレーニング内容を選べる

普通のジムであれば、パーソナルトレーニングと違い、トレーナーがつきっきりになることはありません。

初回はトレーナーの方が器具の使い方を説明してくれたり、自分が絞りたい部位に効果のある器具を教えてくれたりします。

もちろん、使い方がわからなかった場合は常駐しているので質問があれば答えてくれますが、自分一人につきっきりになるわけではありません。

そのため、気分や自分の体の都合によってメニューを自由に変えられますし、時間も30分だけと決めたり、逆に長い時間運動したりも可能です。

自由がきくのが安いジムのメリットの一つでしょう。

他にも、プールを自由に使えたり、湯船にゆっくり浸かって疲れをとったりすることも可能なのが、安いジムのメリットです。

安いジムのデメリット

安いジムにはメリットがある分、デメリットもいくつか存在します。

人によってはデメリットにならないと感じることもあるかもしれませんが、デメリットについても解説していきます。

 

安いジムのデメリット1:利用日数によって価格が変わる

月額料金が手頃なジムは、月の利用回数によって選ぶプランが変わります。

月◯回、週◯回の利用であれば5,000円程度ですが、利用回数を多くしたいのであれば、より費用をかけなければなりません。

月額15,000円程度まで幅があることも珍しくありません。

毎日通いたいというのであれば、ジムのプランの中でも一番良いものになり、値段も高くなってしまいます。

また、同じ会社のジムでも、施設設備の内容や立地で料金が異なる可能性もあります。

駅から近い、大きな施設のジムを選んだ場合、他の店舗より価格が高くなってしまったというケースも存在します。

立地などの条件で一部値上がりしてしまうのは仕方ないと言えそうです。

手頃な価格に抑えたいと考えて少し遠めのジムにして後悔したという話もありますから、料金の安さだけを追い求めるのも良いとは言えないようです。

 

安いジムのデメリット2:使用したい器具が使えない

様々な人が利用するジムでは、器具の数にも制限があります。

利用したい器具を別の人が利用している場合、利用できるまで待っている必要があります。

別のトレーニングを行うのが良いですが、他のトレーニングを行っている最中にさらに別の人が利用する場合も考えられるので、タイミングが悪いとなかなか自分の思う通りにトレーニングできないケースもあります。

特に利用者の多い時間帯においてはそれが顕著になります。

様々な器具があると言っても、すべていつでも自由に使えるわけではありません

次の利用者のことを考えて利用する必要があるので、必要以上に利用し続けることもできないのです。

ずっとランニングマシンで走っていたい、エクササイズバイクで今日一日トレーニングしたいと思っても、そこは譲り合いの精神が必要になります。

 

安いジムのデメリット3:雑音がある

自分だけの場所ではないため、話し声や、他の人がトレーニングマシンを使用している音が聞こえます。

特に誰かと一緒にトレーニングを行っている人や、コミュニケーションを取り合っている人、トレーナーに教えてもらっている人たちの声が雑音となり耳に届くはずです。

静かに黙々とトレーニングしたいという人であれば、それらの雑音はデメリットと言えるかもしれません。

音楽をかければある程度雑音は消せますが、爆音では耳を悪くしますし、周囲の音が聞こえない状況は危険とも言えます。

周りの雑音を多少は聞こえる程度にしなくてはならないため、話し声が気になる人にとっては苦痛になるかもしれません。

 

安いジムのデメリット4:トレーナーがつきっきりではない

初回時には説明がありますし、わからないときに質問すれば答えてくれますが、いつでも自分だけを見守ってくれるトレーナーがいるわけではありません。

そのため、聞きたいことがあればトレーナーを探したり、他の人の質問が終わるのを待ったりしなくてはならないのです。

それまで時間を潰したり、別なトレーニングをしたりする必要があるので、時間を有効に使えない点もデメリットに挙げられます。

元々トレーニングの知識があり、一人でも問題なく利用できるのであれば、安いジムでも問題なくトレーニングは行えます。

ですが、知識がない初心者がトレーニングマシンを利用するのは危険です。

負荷をかけてはいけない部位に力が入り、負傷してしまう可能性があったり、回数や重さを間違って設定してしまったりということがあります。

特に初心者は気をつけて利用すると良いかもしれません。

安いジムのデメリットを挙げましたが、人によってはあまり気にならない事柄もあるでしょう。

そのような人は、負傷に気をつけて利用し、他にも利用者がいるという点を考慮していれば問題なく利用できるはずです。

安いジムでも効果は出るか否か

メリットとデメリットをいくつか挙げましたが、実際に安いジムでも効果は出るのか、という気になる点については、『自分の頑張り次第』という答えになります。

ズボラな人がジムに入会して、1ヶ月に一回程度しか行かず、しかも時間は30分だけとなると、効果がまったくでないと言えます。

逆に、毎日のように欠かさずトレーニングをするのであれば、効果はてきめんでしょう。

もちろん、仕事や習い事、学校などの都合もあるので毎日トレーニングをしなくてはならないというわけではありませんが、自分の努力で効果の有無は変わってきます。

 

どれくらいの期間で効果が出るのか

トレーニングの頻度や、元々の体型や体重にもよりますが、妥協せずしっかりとトレーニングを行っていれば2週間程度で効果が見えてきます。

トレーニングで筋肉をつけることにより基礎代謝が上がり、脂肪が燃えやすい体になると言われています。

ジムに行けない日でもできる限り体を動かすようにすると良いでしょう。

また、トレーニング中は過度な食事制限を行わない方が良いです。

栄養がないと筋肉がつかなくなってしまう可能性も否定できません。筋肉に良いと言われる食事を心がけた方がより効果が出やすいです。

期間を決めて体型を変えたいのであれば

数ヶ月後に体型を変えたいのであれば、料金面での負担は大きくなりますが、安いジムではなく、パーソナルトレーニングがおすすめです。

パーソナルトレーニングでは、トレーナーと一対一で、個人に合わせたオーダーメイドのトレーニングを行います。

ズボラな人や三日坊主であっても、高い料金を支払い、自分だけのトレーナーがいるという状況になるため、期間内で目標に近づくことが可能です。

また、個別なので、トレーニングルームの利用客は一人だけです。

職場の人にジムで会いたくないという人でも、パーソナルトレーニングであれば心配は無用です。

人の目や雑音を気にすることもなく、器具が使えないという状況にもなりません。

限られた時間内ではありますが、しっかりとトレーニングができます。

もちろん、トレーナーは知識や経験も豊富なので、様々な疑問を解消してくれます。

トレーニングや筋肉に対する知識も自然に理解できるようになってくるはずです。

ジムによっては食事面でのサポートもしてくれるので、普段の食生活から改善できるので効率的とも言えるでしょう。

一時間以上二人でいるので、色々な話をして親しくなればさらに楽しくトレーニングが進むかもしれません。

パーソナルトレーニングを受けながらトレーニングに対する知識をつければ、コースが終わった後に安いジムに行って、自分でトレーニングを続けられます。

中には、パーソナルトレーニングの魅力にはまり、コースが一通り終わった後も継続して通う人もいます。

また、パーソナルトレーニングジムでは料金設定が高いため、サービスも多く存在します。

ウォーターサーバーが設置してあるだけではなく、中には水素水があるジムやプロテインを飲めるジムもあります。

食事管理サポートをしてくれるパーソナルトレーニングも存在するので、その他のサービスにも惹かれてパーソナルトレーニングジムに通う人も少なくありません。

もちろん、できる限り安い金額でパーソナルトレーニングを受けたいという人もいます。

そのような需要に答えたジムも存在しますし、短い時間で効率よくトレーニングしたいという人向けのジムもあるようです。

ビーコンセプトで安いジムより効果的なトレーニングを!

腹筋をする女性

痩せたい、綺麗になりたいと思ったとき、場合によっては安いジムを利用するのも手です。

頑張り次第では、結果を出すことも不可能ではありません。

ですが、周囲が気になって集中できない、必要なときにトレーニングマシンが使えないときがあるなど、デメリットがあるのも確かです。

それらのデメリットが足かせとなって、思ったよりも効果が出ないというときには、ぜひビーコンセプトをご検討下さい。

ビーコンセプトはパーソナルジムなので、確かに料金は高めです。

脚痩せ特化プログラムのダイエットコースなら2ヶ月で195,200円(税別)美容運動コースでも2ヶ月で97,600円(税別)となっています。

ですがその分、充実したトレーニングができます。

完全個室の貸し切りなので、他のお客様に会うことがなく、必要なときにトレーニングマシンが使えないということもありません。

トレーナーもつきっきりという集中しやすい環境が整っているので、効果的なトレーニングが可能です。

オリジナルトレーニングや業界最長クラスの充実したアフターフォローなどの存在もあり、体重を-10kgや-19kgを達成した方もいらっしゃいます。

だらだらと長引かせることもなく、短期間でしっかり結果を出したいという方にぴったりです。

また、現在であれば、無料カウンセリングや体験レッスンの当日に入会を決めて頂くと、入会金の50,000円が無料になる入会金撤廃キャンペーンを実施しています。

他にも、他社からの乗り換えでコース料金が10%もお得になる乗り換えキャンペーンも実施しており、安いジムに負けないよう値引きにも力を入れています。

興味がある方は、ぜひ一度ビーコンセプトの体験レッスンや無料カウンセリングにお申し込み下さい。

一般のお客様・会員様のお問い合わせ

ビジネスサポートに関するお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ

ビジネスサポートのお問い合わせ

トレーニングコースをお申込みのお客様・会員様のお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ
PAGE TOP