BCONCEPT

COLUMNコラム

全身痩せ 2019.11.07

無理な食事制限なしで成功する効率的なジムダイエットとは

サラダを分けている人たち

「今年こそダイエットしよう!」

そんなこと毎年言っているような気がする……と思ったそこのあなた!

今年こそはダイエットを本当に成功させましょうよ!

そうは言っても、ダイエットって実際どうすれば成功するの?

その疑問にお答えして、効率的なダイエット方法について考えて行きたいと思います。

手軽に始められる食事制限のワナ

ダイエットと聞いてすぐに思いつく方法は、運動と食事制限ではないでしょうか?

どちらもなんだか大変そう……。

言葉の印象だけでもかなりの破壊力を持っていますよね。

でも一般的に始めやすいのは食事制限だと思います。

なんの道具もいらないし、普通に考えれば「食べる量を減らす」というだけなので、面倒なことはありません。

ただ、食事制限にも危険な落とし穴が。

「自分で食事を制限できるなら、そもそも太ったりはしない」ということです。

簡単に始められますが、続けるのが難しい。それが食事制限なのです。

さらに食事制限のワナは待ち構えています。

食事を減らし必要な栄養が足りなくなってくると、体が自然と省エネモードのスイッチをオン。

すると基礎代謝が落ち、きちんと食べていた時より太りやすくなると言うのです。

お腹が減って動きたくない。

加えて基礎代謝がガクンと落ちれば、ダイエットからどんどん遠ざかってしまいます。

痩せるために頑張っているのに、それが逆効果……という恐ろしい結果になる可能性も。

そもそも太っている状態から、少しくらい食べる量を減らしたとしても、すぐには痩せません。

数年かけて痩せたいならともかく、すぐに結果を求めている人には、大した効果が感じられないでしょう。

むしろ食事制限には「間食」という難敵が待ち構えています。

せっかく食事を減らしたのに、小腹が空くのに耐えられなくなり、つい食べ物に手が伸びてしまう。

でも忙しいから手作りの低カロリーおやつなんて作っている暇もない。

そこで一番食べてしまいがちなのが菓子パンです。

手軽でお腹いっぱいになって、しかも美味しいです。

でも菓子パンって、小さくてもカロリーがすごく高いんです。

ご飯を我慢したというのに、さらにプラスのカロリーも一瞬で摂取してしまう結果に。

それでも「ご飯を我慢した」というストレスだけは溜り、週末に大爆発!なんてことも。

食事制限でダイエットを挫折してしまう人の多くは、こんな経緯を辿っているのではないでしょうか?

健康にも被害が?自己流の食事制限

心配しなければいけないのは、自己流の食事制限で起こる栄養不足です。

これは出産前の女性などは特に気を付けたいところ。

食事を減らせば、最初はガクンと体重が減るでしょう。

しかし次第に体調を崩し、さらには免疫力が下がり、様々な不調を抱えてしまう……なんていう話も聞きます。

今までなったことのないような月経障害や、アレルギーを突然発症してしまうなど怖いですよね。

更にこれらの不調は、一度なったらダイエットを止めても治らない場合もあるとか。

そうなったら痩せる・痩せないの問題じゃなく、健康上の問題になってしまいます。

健康を害したらそれこそ本末転倒。

ですから体に必要な栄養は削ってしまうわけにはいきません。

でもどの栄養素がどのくらい自分に必要か?なんて、普通の人にはなかなか分かりづらいものです。

食事を減らして考えられる問題は、便秘もあります。

女性はただでさえ便秘で悩んでいる人が多いですよね。

それに加えて、食事制限のみのダイエット中は便のかさも減りますし、運動不足にもなりがちで、結果便秘が進んでしまいます。

お通じがない上にスッキリしないため、体が浮腫んだりして……。

結果、体重がもとより増えてしまったり、なんてことも。

食べたいものを我慢しているのに、さらに体重増加なんてガッカリです。

食事制限ですぐに落ちる体重は体の水分だとも言われています。

つまり「痩せた」のではなく、「むくみが取れた」ということ。

それでもかなり体型がスッキリする場合もありますが、食事を摂ればまた元通り。

食事制限だけで痩せた状態を維持することはとても難しいのです。

量だけじゃない!糖質にも注意

サラダ

最近ではダイエットに「糖質カット」も注目されています。

低GIという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

ただ、糖質って、甘いものだけだと思っていませんか?

「私は甘いものなんてあんまり食べないから大丈夫」と考えているなら要注意。

糖質と言うのは様々な食品に入っているもの。

食べていないつもりでも摂っているのが糖質なのです。

たとえば、低カロリーな感じのする果物ですが、実際は非常に糖質が高い食べ物。

でもダイエット中の間食にはオススメされているのをよく見かけます。

お菓子でもそう。ダイエットのお菓子と言えば、洋菓子より和菓子のイメージですよね。

でも糖質で見れば、米菓とチョコレートなら、米菓の方がより高い糖質だったりします。

つまり「甘くないから大丈夫」という簡単な図式にあてはまらないのが、糖質なのです。

そして忘れてはいけないのが調味料。

低カロリーな印象のあるポン酢。

食事制限の際活用する人も少なくないのではないでしょうか。

ただこれも実はけっこう糖質が高いことで知られています。

糖質だけで考えれば、むしろマヨネーズの方が低かったりして。

こうなってしまうと、一体どんな食事制限が良いのか、分からなくなってきませんか?

ダイエット食の問題点

ダイエット中は、好きなものを好きなだけ食べることは出来ません。

ダイエットに関するフラストレーションは少しでも減らせたら嬉しいものですが、実際はストレスの種があちこちに落ちています。

まずひとつ目が、メニューのマンネリ化のストレス。

低カロリーな食品、調理方法を選ぶと、つい同じようなレパートリーになってしまいがちです。

本来楽しみであるはずの食事に飽きるというのは、とてもストレスが溜まります。

さらに問題なのは調理の手間がかかること。

普通の野菜炒めなら野菜と肉を油でジャッと炒めればOKですが、低カロリー食を目指す場合、油を控えたり、肉は茹でたり蒸したりと、ひと手間加えなければいけません。

時間がたっぷりある時は良いのですが、仕事で疲れて帰ってきてから手間ヒマかけて料理するのはかなり重労働。ストレスになりますよね。

ただでさえアッサリしていて、味のバリエーションが少なくなりがちなダイエットメニュー。

「またあれを食べるのか……」という気持ちが、もうストレス以外のなにものでもありません。

でも実際ダイエットの専門家に言わせると、「コンビニでもダイエットメニューは作れる!」のだとか。

にわかには信じられませんが、本当なら嬉しいですよね。

コンビニ飯は味がしっかりしていますし、何より手軽!

いざという時に利用出来たら、ダイエットが捗りそうです。

でもそういう情報って、一体どこを探せば手に入るの?

と疑問に思いますよね。

そう、ダイエットのことはダイエットの専門家に聞くのが一番!

じゃあ「専門家ってどこにいるの!?」となりますが、実はけっこう身近なところにいるのです。

運動嫌いな人が行くジムとは?

ダイエットの専門家がいるところ……その答えは「ジム」です。

ジムと聞いて、スポーツジムを想像しませんでしたか?

「ジムは運動が好きな人が行くところ。自分には関係ない」と咄嗟に思う人もいるでしょう。

でも結論から言うと、それは間違い。ダイエットに特化したジムであれば、むしろ「運動嫌いな人が行く所」というのが正解かもしれません。

なぜなら、ダイエットのジムにこそ、正しい食事制限の知識を持った専門家がいるからです。

パーソナルトレーナーのいるダイエットのジムは、まさに自分専用のダイエットメソッドをオーダーメイドするようなもの。

食事はもちろん、運動の内容まで、自分の体に必要なものを提案してもらえます。

ハリウッドセレブが短期間にスタイルを整えられるのは、自分にフィットしたダイエットメソッドを行っているから。

決して自己流などではなく、高い知識を持った専門家の手を借りているからこそ、最短で最大の結果を出すことが可能なのです。

オンリーワンのダイエットメソッドでは、「今何を摂りすぎていて、何が足りないのか」が自分自身でもわかります。

自分が納得してダイエットが進められる点はとても魅力です。

ダイエットに関するアドバイスはもちろん、ライフスタイルに合った食事の指導も行ってくれるので、たとえば「どうしても忙しいからコンビニ飯!」という時でも、知恵を貸してくれるでしょう。

つまり食事に「制限」などせずに、無理なく、バランス良くダイエットを続けることが可能なのです。

ジムとは運動するだけの場所じゃなく、自分の体と向き合うためのサポートをしてくれる場所と言えるでしょう。

効率の良いダイエット方法とは?

ダイエットを行うからには結果を出したいですよね。

しかも、なるべく早く。

そんな気持ちに寄り添ってくれるのが、ダイエットのためのジムなのです。

だらだらと長く続けていれば痩せる訳ではありません。

目標達成のためには「我慢や根性」が絶対条件!という考えの時代も終わりました。

今は、いかに最短距離で目標を達成するかが大切。

そして日々ダイエットを成功させるために頑張っている専門家達がいます。

人が健康的に痩せるためには、やはり知識が必要不可欠。

ダイエットジムにはそのノウハウがあります。

せっかくあるんですから、利用しない手は無い!

ということで、一番効率的なダイエットは、ジムでアドバイスをもらうことという結論に達しました。

ただやはり、どうしても一歩踏み出せないんだよなぁ……という人の気持ちも分からなくはありません。

だってジムにはお金がかかりますから。

お金をかけたのに「やっぱり自分には合わなかった」なんてことになったら大変です。

そんな時に確認して欲しいのが、ジムに無料のサポートがあるかどうか。

たとえば入る前にカウンセリングが無料で受けられるか、アフターフォローがあるか、などです。

無料のカウンセリングが受けられると、始める前の不安なことをいろいろ聞くことが出来ますよね。

あれこれ一人で考えて妄想を膨らませるより、生の声を聞いてみる方が手っ取り早いこともあります。

もしそこで自分に合わなければ、引き返せば良いだけなのです。

さらに注目して欲しいのはアフターフォロー。

「痩せて終わり」ではなく、むしろ痩せてからを大切にしてくれるジムに出会えたら、リバウンドのリスクなどもグンと減ります。

健康的に美しく痩せるために

ダイエットを「体重を減らすこと」だと思っている人は少なくありません。

そう考える人は、自己流の極端な食事制限をしがちです。

しかし実際は「体重を減らすこと」と「美しく痩せること」はまったく別。

体重を減らすことを目標にして、食事だけ制限すると「ホッソリ」というよりは「ゲッソリ」とした感じになる可能性が高くなります。

筋肉量を減らしながら、栄養を摂らずに痩せてしまうから、見た目には不健康そうになってしまうのです。

見た目だけでなく、実際に自分自身が体調不良を感じてしまう場合もあります。

具合が悪くなればダイエットどころではなくなり、結局食べてしまう。

そしてあっという間にリバウンド……なんてことにもなりかねません。

美しく痩せるためには、いかに体調を崩さずにダイエットを続けられるかが鍵。

そのためにも正しい栄養の知識を持って、ダイエットを進めるのが正解です。

痩せるだけでなく「美しさ」を目指すなら、全体的なシルエットに注目しないわけにはいきません。

体の一部分よりも、トータル的な体のバランスが大切になります。

日本人に多いのは、上半身は華奢なのに、下半身はしっかり……というバランス。

このアンバランスを打破するには、下半身に重点を置いたダイエットが必要なのです。

でも下半身をサイズダウンするのは至難のワザ。

間違ったトレーニングをしてしまうと、逆に太くなってしまう可能性もあります。

まとめ

正しくない自己流のまま続けると、むしろ残念な結果になってしまうダイエット。

大切なのは客観性なのかもしれません。

ダイエットジムなどの適切な第三者の目をうまく利用すれば、驚くほど効率の良いダイエットを成功させられることでしょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ダイエットは辛い・苦しいというイメージがあるものですが、ダイエットジムを上手く利用することで、楽しく快適にサイズダウン出来るかもしれません!

一般のお客様・会員様のお問い合わせ

ビジネスサポートに関するお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ

ビジネスサポートのお問い合わせ

トレーニングコースをお申込みのお客様・会員様のお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ
PAGE TOP