BCONCEPT

COLUMNコラム

全身痩せ 2019.10.07

ジムでダイエットに挑戦したい必見!今すぐ試したいダイエットメニュー

フィットネスジムでいる男性と女性

ジムなら正しいダイエットメニューにとりくめる!

「もうすぐ夏! 新しい水着を買って海にでも行きたいな!」

「でも最近なんだか足が太くなった気が……これじゃかわいい水着も台無し!」

「よくよく見たら体中に余計なお肉も。こんな体で夏をむかえたくないよー!」

年に一度しかこないこの夏をポッチャリした体でむかえるのはイヤですよね。

しかし残念ながらイヤだイヤだとダダをこねているだけでは落ちてくれないのがぜい肉。

理想のボディで理想の夏をむかえるには今この瞬間からダイエットへと心をきりかえるしかありません。

しかしダイエットといわれても、いったいなにをすればいいのか?

そんな疑問を抱いている方におすすめのダイエットメニューを紹介します。

ダイエットするなら断然ダイエットジムがオススメ

トレーニングする女性

自宅でダイエットするとなるとトレーニングメニューから食事メニューまで、ありとあらゆる生活習慣を適切な知識で改善していかなくてはなりません。

強い意思も必要です。

このページをご覧になっているあなたも「ダイエットしたいけど、どんな方法が一番いいのか分からない。

とりあえずネットで調べよう」と考えて辿り着いたのではないでしょうか。

効率的なダイエットを追い求めるがあまり、どの方法が正しいか分からず、なにも手がつけられていなかったりしませんか。

そんな方にこそダイエットジムを強くオススメします。

プロのトレーナーと選び抜かれたトレーニングマシンがあなたに正しいダイエットメニューを提示してくれます。

ジムに通えば間違った道を進むことはなく、あなたはダイエットそのものに集中してとりくめます。

こうやって方法を調べている時間もジムを利用していればすべてダイエットにあてられると考えると、すごく効率的じゃありませんか?

しかしいざジムでダイエットしようと思うと、こんな疑問が浮かんでくるのも確かです。

「でもジムって具体的にはなにができるかよく知らないな」

「どんなメニューがあるんだろう?」

一方的に正しいといわれても、実態をなにも知らないままでは不安になってしまいますね。

この記事ではそういったモヤモヤを解消すべく、ジムで実際にとりくめるダイエットメニューについてまとめました。

二度と訪れない令和初の夏は、ジムで絞った美しい体で迎えましょう。

トレーニングから食事まで!ダイエットジムの『痩せる』メニューとは!

ジムといわれてまず思い浮かぶのは一室にズラリと並べられたトレーニング道具の数々。

ランニングマシン、エアロバイク、ダンベル、ベンチプレスetc……

行ったことがない人でも、ジムには効果的な運動ができる機械や道具がたくさんあることはなんとなく想像がつくと思います。

その『なんとなく』を少しだけ明確にしてみましょう。

ジムでとりくめるダイエットメニューには効果バツグンなものが目白押しなんです。


✔トレーニングマシン・下半身

下半身を鍛えることはダイエットにおいては欠かせません。

引き締まった下半身が手に入るのはもちろん、体全体のボディメイクにおいても重要といわれています。

人間が痩せるメカニズムに欠かせないものとして基礎代謝というものがあります。

なにもせずじっとしているだけで消費されていくエネルギーのことで、これは筋肉量の増加につれ比例していきます。

何もしなくても体内でエネルギーが燃え続ける痩せやすい体を手に入たいならば筋肉を増やすべきです。

人体で最も大きな筋肉は下半身の筋肉であり、おおよそ70%を占めています。

下半身を鍛えれば全身を筋肉が占める割合を効率的に増やせ、基礎代謝を大幅に上げられる。

すなわち太りにくく痩せやすくなるメカニズムです。

もちろんダイエットジムにはこれを狙ったメニューがたくさんあります。


✔レッグプレス

下半身でも特に大きい太ももの筋肉である大腿四頭筋(太ももの前側)および大臀筋(お尻で最も大きな筋肉)を鍛えるメニューです。

可動式のシートに座ってプレートを両足で押しだすだけの簡単動作で太ももとお尻にしっかり効く筋トレです。

スクワットを横にしておこなうといえば伝わりやすいでしょうか。

スクワットもダイエットの鉄板といわれるほどに効果的なメニューである一方、自分で正しいフォームを身につけて実践するには慣れとコツが必要となってくるのが難点。

しかしレッグプレスはすでに軌道もフォームも固定されているため、初心者でも理想的な下半身トレーニングが可能です。

また押し出すプレートの重量は自由に変えられるので自分に合った負荷を選べるのもポイント。


✔レッグエクステンション・レッグカール

レッグエクステンションはレッグプレスでも出てきた大腿四頭筋を、レッグカールはハムストリングス(太ももの裏側)を徹底的に鍛えるメニューです。

ふたつをあわせて太ももを重点的に鍛えられます。

これらもマシンによって固定された軌道にあわせて足を動かすだけで正しいフォームが得られます。

初心者でも気軽におこなえるでしょう。

ところで太ももの筋トレをやりすぎると足が太くなってしまうのでは、という不安を抱えていませんか?

確かにプロスポーツの世界で活躍する女性選手のなかには男性に負けないぐらい太ももがガッチリした方もいらっしゃいます。

しかし彼女たちは男性顔負けの過酷なトレーニングを何年も繰り返してあの強靭な肉体を獲得しているわけで、私たち一般人がちょっと頑張ったぐらいで足が太くなることはありえません。

仮に筋トレが原因で足が太くなるならば、それは間違ったフォームで筋肉に異常な負担をかけてしまい、おかしな筋肥大をしてしまったと考えられます。

独学でトレーニングしていれば起こりえるかもしれませんが、常に正しいメニューを提供するダイエットジムならばありえない事態なので安心してOK。


✔マルチヒップアブダクション

下半身で引き締めたい部分といえばヒップラインですよね。

もちろんジムにはお尻にガツンと効くメニューだってあります。

このマルチヒップアブダクションで中臀筋(お尻の外側)を鍛えるときれいなヒップラインが手に入るのはもちろん、股関節の動きを助ける力が強くなります。

歩行時の姿勢が良くなり、まるでモデルのようなスラッとした歩き方ができるようになりますよ。

ボディラインだけではなく仕草まで美しくなるなんて素敵ですね。

太もも同様、下半身のトレーニングに是非とりいれてほしいメニューです。


✔トレッドミル(ランニングマシン)

ジムのマシンといえばまず思い浮かぶのがこちらでしょう。

ランニングに代表される有酸素運動は、ここまで紹介してきた筋トレ直後におこなうと脂肪燃焼効果が飛躍的に向上するといわれています。

筋トレで筋肉をつけ代謝を促進させ、ランニングで脂肪を燃やしてしまえばあっという間に理想の体が手に入るでしょう。

利用しない手はありません。

「でも走るのは苦手」と考えている方もご安心ください。

トレッドミルなら速度設定はもちろん、傾斜の設定も可能。

たとえば「速度は遅いけど傾斜はキツい」そんな設定にすればウォーキングでもランニングと大差ないカロリーを消費できます。


✔トレーニングマシン・上半身

筋トレは筋肉の比重が大きい下半身中心におこなうことが鉄則だと先ほどお話しました。

しかし上半身もある程度は並行して鍛えないと体全体のバランスが悪くなってしまいます。

自宅でとりくむなら腹筋運動や腕立て伏せなどが思い浮かぶところですが、どれぐらい頑張れば効果が出るのかイマイチわからないのが悩みどころ。

やはり上半身のトレーニングもジムに頼ってしまうのが一番でしょう。


✔ラットプルダウン

自分の頭上に吊り上げられたバーを体に向かって引きつけることで広背筋(背中の下側)を筆頭に背中全体を鍛えるメニューです。

広背筋は特に女性には注目してほしい筋肉。

なぜならばいわゆる「くびれ」「S字ライン」と呼ばれる美しいウエストとは広背筋がしっかり絞られた体をいうのです。

太ももはキュッと締まってヒップラインも完璧なのにウエストはだらしない……そんな体にならないよう、背筋にも気を配ってトレーニングしたいところですね。

しかしラットプルダウンは初めてだとコツが掴みづらく、背中ではなく腕で引っ張りがちなのが難点。

そんな時はトレーナーにドンドン質問してコツを教えてもらいましょう!

分からないことをその場で解決できるのがジムのいいところです!


✔チェストプレス

上半身の前側、おもに大胸筋を鍛えられます。

こちらもラットプルダウン同様慣れていないと胸ではなく腕にばかり負荷がかかってしまいやすいので、トレーナーの指導を受けながらとりくむのがベスト。

大胸筋が引き締まるとリフトアップ効果が大いに見込めますよ。

マシンだけじゃない!まだまだありますジムのすごいところ!

ここまでマシンを使ったメニューをご紹介してきました。

しかしせっかくジムを利用するなら是非こなしてほしいメニューはまだまだあります。


✔フリーウエイトトレーニング・ストレッチ

ダンベルやバーベルなどの重りを使ったトレーニングを総じてフリーウエイトトレーニングと呼びます。

マシンと比較しての利点は、なんといっても自由にメニューを組めること。

あらかじめ動きの軌道が決められていないため、目的や効かせたい筋肉に応じて無数に存在するメニューから、最適なものを選んでおこなえます。

たとえばレッグプレスで太ももを鍛えたけどなんだか物足りないのでダンベルを使ったスクワットでさらなる負荷をかけよう……なんてことも可能。

マシンがどうしても合わない時に活躍してくれるメニューです。

しかしフリー、すなわち自由であるということは、相応の知識がなければ正解を選べないということでもあります。

今さっき『ダンベルを使ったスクワット』という例を使いました。

そこで質問させてください。

あなたは『ダンベルを使ったスクワット』の正しいやり方をご存知でしょうか?

・フォームはどうなのか?
・どんな動きをするべきなのか?
・ダンベルの持ち方は?
・スクワット以外にどんなメニューがあるか?

知っているという方は、それらは本当にあなたに合った正しいメニューだと断言できますか?

すべての質問に答えられる方はとても少ないと思います。

そういう知識がないからこそ、このページをご覧になっている方が大半でしょう。

同様に無数のメニューが存在するという理由からストレッチも見出しに併記いたしました。

知識がない状態で正解を選ぶとは非常に難しいものなのです。

しかしあなたには強い味方がいます。

ジムのトレーナースタッフです。

マシンの時にもお話したように、分からないことがあればすべて彼らの指導をあおぎましょう。

彼らはその道のプロです。間違いなく最適なメニューを提示し、あなたを導いてくれます。


✔食事指導

運動はともかく食事指導までしてくれるジムはなかなかありませんが、もし対応してくれるなら是が非でも受けるべきです。

『ダイエットは食事8割運動2割』なんて言葉もあるぐらいですが、安易に食事量を減らせばいいものではありません。

一日の摂取カロリーはどれぐらいか、そのなかで摂るべき栄養バランスをどう組むか、具体的にはどんな献立が相応しいか、何日つづければいいか。

想像するだけでうんざりするほど考えるべきことがたくさんあります。

何度でも言いますが、専門知識が必要な事柄はすべてプロにお任せしましょう。

最近は3食分のメニュー考案はもちろん、自炊する暇がない方向けに痩せられるコンビニ食品を紹介してくれるダイエットジムもあります。

考えようとする姿勢は大事です。

しかし、考えるあまり身動きがとれなくなったり間違った方向へ進んではいけません。

正しいダイエットを求めてネットの海をさまようぐらいなら、今この瞬間からダイエットへ動きだしましょう。

まとめ

ここまでジムでとりくめるメニューについてご紹介いたしました。

長くなってしまいましたので少しまとめてみましょう。

・ダイエットジムには初心者でもとりくめるメニューがもりだくさん!
・分からないことはトレーナースタッフがその場で指導!
・なにを食べるべきかも教えてもらえるなら絶対に聞くべき!
・正しい知識はプロに委ねてOK!今すぐダイエットに挑戦しよう!

特にマンツーマンのパーソナルジムならば、あなただけのオーダーメイドメニューで運動から食事までを徹底サポートしてくれます。

是非検討してみてください。

まだまだ先と思っていても、あっという間にくる夏。

心から楽しむためにも、ダイエットジムで完璧なボディ目指して頑張ってみてくださいね。

一般のお客様・会員様のお問い合わせ

ビジネスサポートに関するお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ

ビジネスサポートのお問い合わせ

トレーニングコースをお申込みのお客様・会員様のお問い合わせフォームとなります。

お問い合わせ
PAGE TOP