運動しているのに脚が細くならない原因は女性の必需品にあった

運動しているのに脚が細くならない原因は女性の必需品にあった

脚を細くしたいとお悩みの女性の大半が、まずウォーキングやスクワットなどから取り組んでいるようですが、
いざやってはみるものの、効果が全然実感出来ずにだんだんと嫌になり、エクササイズから離れていく・・・

という声は耳ダコなほどよく聞く話です。
女子会もそんな無限ループなダイエットトークで持ちきり、、

こんなに頑張って宅トレしているのに、なんで細くならないの!!
その上スクワットをすると腰が痛くなる・・・

と頭を抱えているみなさまに、ひとつの答えをお教えします。

運動の効果が低い原因とは?

せっかく一念発起して運動を始めても、
効果が実感できないと本当にモチベーションが下がりますよね・・・

正しいフォーム・正しい筋肉への意識・正しい呼吸が出来ているか
この3点はもちろん重要ですが、根本的な原因の一つとして、
「ハイヒールが招くハイアーチ」が挙げられます。

ハイアーチとは?

働く女性の必需品であるハイヒールを日常的に履いていると、
自分の体重をつま先で支えているために足裏の筋肉がぎゅっと縮んで硬くなり、
足の甲がアーチ状に高くなってしまい、また、土踏まずが無くなります。
この状態を、「ハイアーチ」と呼びます。

見た目でも明らかにその症状は分かりますが、スニーカーやフラットシューズよりも
ハイヒールを履いている方が楽に感じる女性はハイアーチの可能性大!

土踏まずが無いと、トレーニングやウォーキング時に正しい荷重運動が出来ずに力が不規則に伝わり、
足の裏から発動した力(力積)は、下腿や太ももを飛ばし、骨盤にダイレクトに影響を及ぼします。

その結果、腰痛の誘発や股関節の痛みだけを引き起こし、肝心な脚へのアプローチにならないのです。
つまりあれだけ頑張ったウォーキングやスクワットも、残念ながら努力の無駄に・・・・

脚へ効果を行き届かせるための準備運動

では今回は、目的の脚へばっちり効果を及ぼす為のコツとテクニックをご紹介します。

①前屈をします。
→どこまで手が届くかをチェック。

②右足のかかとを浮かし、そのまま前屈して左足のつま先を手でタッチします。

③左足のかかとを浮かし、そのまま前屈して右足のつま先を手でタッチします。

④太ももの全面をパンパンと叩いてもう一度前屈してみてください。

最初よりも手がより床面に楽に届くようになりましたね。

これは、荷重を正しく伝える為に使う、モーターコントロールというテクニックの一つです。
つまり、正しい荷重や重心を体に理解させて運動することにより、効率のよい運動ができるようになるということです。

この状態を意図的につくってから運動するだけでも、かなり効率よくなりますよ!

準備が整ってから、正しいスクワットを行えば圧倒的に効果が高まります。

さあ、正しい運動を!

基本的なスクワットから下半身痩せに効果的なトレーニング方法をyoutubeでご紹介しています。
一緒に宅トレがんばりましょう!